シミを防ぐにはUVケアが大切

シミの原因として紫外線による肌のダメージがあることから、シミを防ぐにはしっかりとUVケアをすることが大切です。 UVケアは日焼け止めクリームを肌に塗るだけではなく、ツバのある帽子やサングラス、日傘を差すなど小物を使うことによって防ぐこともできます。

UVクリームは数値が高いものを使いますと紫外線による肌のダメージは軽減しますが、配合成分は肌にとって刺激が強く敏感肌にとっては負担も掛かりますので、小物でカバーすることができれば無理に数値が高いものを使わなくても大丈夫です。

また洗顔による摩擦への刺激や食生活や生活習慣による肌トラブルでの影響でもできることから、UVケアをするだけではなく肌が荒れないように日頃スキンケアによる保湿や汚れをしっかりと落とすこと、また生活習慣や食生活を正しくしておくことも大事です。

もし日焼けをしてしまいましたら、急いでケアをすることによってシミになるのを防ぐことができます。 日焼けは軽度の火傷と同じなことから皮膚を冷やし熱を取り、肌の水分量が不足していることから普段以上に保湿を心掛けることによって、日焼けの炎症状態を抑え鎮静化します。 この時に、肌の再生機能を高めるためにビタミンCの物を摂取すれば、シミ予防としても効果的です。

もしシミの予防を忘れてシミができてしまったら、シミを解消するような美白化粧品を使うことが大切です。 美白化粧品にはシミを解消するものと、シミを予防するものがあるので、間違って使っても効果が感じられにくいからです。 シミの悩みにおすすめの美白化粧品

UVクリームの種類

UVクリームに、SPFやPAといった表示を目にすることがあります。 日頃、紫外線や日焼け対策として使っている人の中には知っていますが、特定の季節以外使うことがなければ、この言葉を見ても分からないので知識として覚えてみましょう。

紫外線には洋服を通り皮膚の奥深くにまで届いてしまうA波と、皮膚の表面に影響があり長時間浴びると黒くなってしまうB波があります。 SPFはB波が皮膚の表面に与える影響を引き延ばす効果あり、何もつけない状態でも約20分は肌に与える影響が少ないですが、SPF配合のUVクリームを付けることによって、影響を与える時間を延ばすことができるのです。

PAはA波をブロックする効果があり、2013年まではPA+++が一番効果が高いランクでありましたが、研究機関によって想像以上に紫外線が皮膚の奥にまでダメージを与えていることが分かったので、以降はPA++++が最高ランクとなっています。

紫外線によるダメージを防ぐためにSPFやPAが高いものを選びがちとなってしまいますが、効果が高い分だけ皮膚の負担も掛かることから肌質によってはトラブルを起こすこともあります。 また塗る部分によって付け方も違ってきますので、UVクリームを付けとけば大丈夫ということもないので注意して下さい。

肌に優しいUVクリームがおすすめ

肌に優しいUVクリームといいますと、敏感肌でも安心できるものとして低刺激のUVクリームがあります。 低刺激のUVクリームは乳幼児でも使うことができるもので、SPFやPAの数値がやや低いものの帽子を被り、気温が低ければ上着を着ることによってカバーすることもできます。 ただ乳幼児用のUVクリームですとパッケージが子供っぽいことから、化粧品メーカーでも低刺激のUVクリームがありますので探してみて下さい。

美容の総合サイトの@コスメでも注目されているアクセーヌのマイルドサンシールドは、無香料でアルコールフリーの低刺激のUVクリームで、SPF28、PA++と数値的に低いものの保湿成分が配合されていることから、UVケアする前に入念にスキンケアをしなくても大丈夫です。

メーカーによってはしっかり塗らないと色ムラができてしまったり、乾燥によってファンデーションが付きにくくなったりしますが、肌に馴染みやすく保湿効果でメイクのノリも良くなります。

この他に美容や肌の負担を考えるならばオーガニックコスメのUVクリームもあり、低刺激で天然成分が配合していますので、化粧品独特の臭いも少なく香りで癒されることもできることから、普段メイクをしない人でも適しています。 もしUVケアを怠ってシミができてしまったらどうすればよいでしょうか? そんなときはシミを消すような成分が入っている美白化粧品を使うのがおすすめです。 シミの悩みを解消する美白化粧品

更新履歴