荷物の料金を確認すること

引越しの見積もりを出してもらったら、細かい部分までよく見てチェックしましょう。
確認する際の注意点いついて説明します。

まず確認して欲しいのは、業者の所在地、電話番号、担当者名、事業の種類と許可番号の有無。
また、トラブルなどが発生した際の連絡先やその担当者名。引越しの日時が間違っていないか、午前便か午後便かの違い。

現住所と新住所に間違いは無いか。荷物を積む場所、降ろす場所は記載されているか。
トラックに積みきれなかった場合の追加費用の有無。

荷物の梱包、開梱、分解、組み立ては誰がするのか、業者か依頼主か、明確にされているか、それは間違いないか。
梱包資材の品名、品番、個数に間違いは無いか。また、これらが足りなかった場合はどうするのか。

貴重品に対しての対応。 万一の事故の際、保険会社と可能な補償額。
料金の内容や配分に間違いは無いか。詳細に記載されているか、不明な部分は無いか。

特に、無料サービスであるものと、料金が発生するものに関しては、納得できるまで説明を求めてください。
曖昧にしておくとトラブルの元です。

業者に嫌がられても、十分理解して納得できるまで契約してはいけません。
契約前にダンボールなどを持ってこられても、正式に契約が済むまでは受け取らない方が無難です。

一旦契約してからキャンセルしたい場合、引越し日の3日前まではキャンセル料はかかりません。
前日は運賃の10パーセント以内、当日でも20パーセント以内です。

3日前まではキャンセル料がかからないからと考えず、業者の迷惑も考えて契約そのものはあくまでも慎重に行うように心がけましょう。

準備編
作業編