ダンボールはたくさん用意する

引越しに慣れています、という人はやはり少数派でしょう。 当日だけでなく、引越し前日も後日も片付け方付けでウンザリヘトヘト、という人も多いはず。

貴重品の扱いも気を使う物のひとつですが、一番神経を使うのは割れ物ではないでしょうか。
中でも量が多くて苦労するのが食器類です。

食器はもちろん一個ずつ新聞紙や梱包剤に包みます。
大きな皿などは厚手のタオルを使います。

割れ物の詰め方にはコツがあり、皿などの場合、横に普通に置くより縦に並べて入れた方がショックに強く割れにくくなります。

ダンボールの底には、ショックを吸収するクッションになるものを敷きましょう。
プチプチと呼ばれるエアパッキンが最適ですが、無い場合は新聞紙を細かく切って丸めたものを敷き詰めても良いでしょう。

その上に更に新聞紙を広げれば、十分な緩衝材になります。
割れ物を詰めていく際に、中で食器が動かないか確認し、もし隙間があれば新聞紙などを丸めて詰めましょう。

割れ物の中でも、調味料やビン類は引越しまでに出来るだけ中を消費して空にしておきましょう。
中身が入っているビンは、ラップをビンの口に被せ、輪ゴムで縛ります。 それを更に一個ずつビニール袋で包めば大丈夫でしょう。

これらをダンボールに入れる場合、まず大きなビニール袋を入れ、その中に詰めていきます。
こうすることで、もし途中でビンが割れた場合でも中身はもれず、被害を最小限に抑える事ができます。
ビンの回りには新聞紙を巻き、ビンが動かないように、隙間があればここにも新聞紙を詰めます。

それぞれのダンボールの上には中身を明記し、逆さにして困るような物は、中身が見えるようにしておくのも一つの方法です。

準備編
作業編