届いたテレビと冷蔵庫が壊れていました

冷蔵庫を覆っていた段ボールを外そうとすると、冷蔵庫が傾くのです。慌ててすべての段ボールの覆いを取り払い、確認してみると、冷蔵庫の足の部分が片方曲がってしまっていました。引っ張ってみてもビクともしません。ペンチでつまんで直そうとしてもまったくだめです。荷物を開封する前から、なんだかがっくりしてしまいました。

しかし、ここで放棄したら片付かないと思い、段ボールを足の部分にかませて左右のバランスをとり、なんとか冷蔵庫を使用できるようにして、別の荷物の開封にかかったのです。

段ボール類がすべて片付き、ちょっと休憩も兼ねてテレビでも見ようと思い、テレビを開封することにしました。テレビも冷蔵庫と同じように段ボールで覆われていたのですが、それを外してみると、ブラウン管を覆うプラスチックの枠が大きく破損していたのです。

「どうすればここまで壊れるのだろう。」と思えるレベルで、プラスチックが完全に割れてしまっていました。今度こそ唖然としてしまいました。まだ電話の手続きをはしていなかったので、すぐに近所のコンビニまで走り、公衆電話で「A引越センター」に連絡しました。

私の担当者が電話口に出たので、搬入した家電が大きく破損していることを訴えました。すると、何度も謝罪し、「状況確認のため、すぐに担当者を差し向けます。」とのことでした。2日後はもう初出勤のため、「必ず明日来てほしい。」と念を押してから、電話を切りました。

↓↓↓続きはこちら↓↓↓

準備編
作業編