当日にしなければいけないこと

引越しは一大イベントです。当日は大変忙しく、しなければならないことが山積みです。
引越し業者が来るまでに済ませるべきこと、来てからしてもらう事、漏れがないよう、リストを作って万全の体制で当日を迎えましょう。

引越し当日に他の事でごたごたしていると、引越しそのものの時間が延びたり、その日のうちに終わらなかったり、急ぐ事で作業が雑になったりと、いい事はなにひとつありません。
当日は引越し作業だけに集中できるよう、雑多な用事はできるだけ事前に片付けておきましょう。

朝食は片付けが楽なものにしておきましょう。
昼食はちゃんととれるかわかりませんので、可能であれば朝食はしっかり食べておくに越したことはないです。
貴重品等は、朝のうちに自分で管理できる場所にまとめておきます。

業者が来て作業に入ったら、簡単な打ち合わせがありますので、その際に希望の手順があれば伝えます。
自分で運ぶもの、業者に運んでもらいたいものの区別は間違いのないようきちんと伝えましょう。
荷物には、それぞれ中に入っているものをわかりやすく明記しておくと作業もスムーズです。

搬出が済んだら、業者が出発する前に運び忘れたものはないか最終確認をします。 部屋の外に置いた物などは特に忘れやすいので注意してください。

移動はトラックの方が時間がかかりますので先に出てもらいます。 引越し先への到着時間を伝え、業者の携帯番号を教えて貰っておくと安心です。

引越し先では、大きな家具から搬入してもらいます。
これらのを置く場所は、前日までに一度引越し先に行って決めておくことが出来れば一番いいのですが、それが出来ない場合でも、後で動かすのはなかなか大変ですから、業者がいるうちに納得できる位置を決めてしまうことをお勧めします。

すべての搬入が終わったら最終チェックです。トラックに荷物が残っていないか確認します。
業者に立ち会ってもらって、家財の傷や破損の有無を確認し、問題がある場合は可能な限りその場で交渉を済ませましょう。

後日、何か見つかった場合でも3ヶ月まで補償の申請が可能ですが、できれば当日その場で解決するのが一番です。 最後の作業と思って、念入りにチェックしてください。

準備編
作業編