業者選びは慎重に行う

引越しと一口にいいっても、引越し当日の作業とは別に、実に様々な雑用があり、考えただけで何処から手を付ければいいのやら・・・という人も多いのではないでしょうか。

できれば、引越しが決まった段階で、早めにタイムスケジュールを表にして作っておくと良いと思います。 引越しに関連するおおよその手順を書いておきますので、これを参考にスケジュールを組んでください。

  1. 引越し業者を決める。きちんと見積もりを出してもらい、数社を比較検討して慎重に決めましょう。
  2. 日程、荷作りの分担を業者と相談する。楽にしたいのか安くしたいのか、どちらかで手順が全く異なってきます。
  3. 家具や家財をどうするか、処分するもの、持って行くもの、購入するもの、それぞれを検討する。
  4. 処分する家具や家電があれば早めに粗大ゴミ等として然るべき方法で処分する。
  5. 新居に必要な家具と、その家具配置を決める。
  6. カーテンやカーペットなど、新居で必要なものでオーダー品は早めに準備を。
  7. 転校届け、転出、転入届けなど、役所関連で届けが必要なものは早めに問い合わせて準備しましょう。
  8. 郵便局に転居届けを出し、転送依頼をする。
  9. 自動車免許証、銀行、カード会社、保険会社など、住所変更が必要なところは早めに届けましょう。
  10. ガス、水道、電気などの開栓、閉詮手続きなど。料金精算の件も忘れずに確認を。
  11. NHK、新聞、牛乳など、宅配してもらっているものなどはきちんと連絡して精算する。
  12. 出来るものから荷作りを始めましょう。
  13. 冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど、家電製品の取りはずし、取り付けの準備と段取り。
  14. ご近所へのあいさつ回り。出来れば迷惑をかける引越し当日より前にお詫びかたがた挨拶をしましょう。

大体、頭に浮かぶものを書いて見ました。 それぞれの過程で順序は変わってくると思います。 タイムスケジュールを頭に描きながら計画を立ててください。

準備編
作業編