荷物を運ぶときの注意点

引越しには多くの人が関わり、その作業内容も多岐にわたり、費用もかなりかかります。 その為、何かとトラブルになりやすいのも事実です。

もしトラブルになってしまったらどうすればいいのでしょう? その時になってあわてないよう、その方面の知識を持っておくことも大事です。

こういう際に役立つ法律のひとつに「消費者契約法」があります。

引越しで納得のいかない事態に遭遇した時、例えば約束の時間に業者がこなかったり、荷物の取り扱いが乱暴だったり、その他考えられる事は色々あるわけですが、こういう場合、まずは直接引っ越し業者に連絡して下さい。

大きな会社ですと、お客様センターのような窓口があります。 そのような窓口がない場合は、電話で責任者を呼び出し、氏名と役職を確認した上で話をして下さい。 誠実に対処してくれる業者がほとんどですが、そうでない場合、消費者生活センターや全日本トラック協会などに相談する事をお勧めします。

引越しの際のトラブルで一番多いのは、運搬途中で荷物を破損させたり傷をつける事です。 これらの事故は、担当者がベテランの従業員であっても起きる時は起きます。 後でいやな思いをしないよう、元からあった傷などについては事前に話しておきましょう。

同時に、傷がない場合も事前に確認しておいてもらうと良いでしょう。 どんなことでも相談し、報告しておく事で信頼関係も生まれます。

荷物の搬入後、再度チェックし、その際に新たな傷が付いていた場合は補償してもらうよう交渉しましょう。 ただ、この補償という言葉を誤解している人は多く、家財を傷つけられたり破損させられた場合、決して新品を提供してくれるわけではありません。

新品の価格ではなく、現状での価格の補償という事になります。この補償額に納得がいかず、どうしても現場で折り合いが付かない場合は、上の責任者に連絡して交渉する事になります。

その場合、傷が付いた状況やその後のやり取りなどは細かく記録しておきましょう。 責任者とも折り合わない場合、消費者センターやトラック協会などに間に入ってもらう必要があるでしょう。

準備編
作業編