UVケアとシミの予防について

シミの原因として紫外線による肌のダメージがあることから、シミを防ぐにはしっかりとUVケアをすることが大切です。
UVケアは日焼け止めクリームを肌に塗るだけではなく、ツバのある帽子やサングラス、日傘を差すなど小物を使うことによって防ぐこともできます。
UVクリームは数値が高いものを使いますと紫外線による肌のダメージは軽減しますが、配合成分は肌にとって刺激が強く敏感肌にとっては負担も掛かりますので、小物でカバーすることができれば無理に数値が高いものを使わなくても大丈夫です。
また洗顔による摩擦への刺激や食生活や生活習慣による肌トラブルでの影響でもできることから、UVケアをするだけではなく肌が荒れないように日頃スキンケアによる保湿や汚れをしっかりと落とすこと、また生活習慣や食生活を正しくしておくことも大事です。
もし日焼けをしてしまいましたら、急いでケアをすることによってシミになるのを防ぐことができます。
日焼けは軽度の火傷と同じなことから皮膚を冷やし熱を取り、肌の水分量が不足していることから普段以上に保湿を心掛けることによって、日焼けの炎症状態を抑え鎮静化します。
この時に、肌の再生機能を高めるためにビタミンCの物を摂取すれば、シミ予防としても効果的です。